ロゴ

施工方法

Photogramのアートは計算しつくされたフレーム、高級感を意識したキャンバス地で作られています。他とは一つも二つも違うアートで、新しい文化の先駆者に。

簡単3ステップ

特別な道具はほとんど使わず、誰でも簡単に組み立てることができます。

STEP1

フレームの組み立て

フレームを長方形に並べ、四隅を図のように「L字金具」と六角ボルトで固定します。
(注)「L字金具」をフレームに設置する際、必ず図のように固定してください。

STEP2

フレームにアートを貼る

外貼りの施工方法

アートをフレームいっぱいまで表現し、絵画のようなイメージでコーディネイトしたい。そんな時は図のように広げたアートを裏返し、フレームを置いて固定パーツを設置します。

内貼りの施工方法

フレームを見せて額縁にアートを飾りたい。そんな時は図のように裏返したフレームの上に裏返したアートを設置し、アートを引っ張りながら固定発を押し込み施工します。

STEP3

フォトグラムを好きな所に設置

飾り方のコツ

部屋の雰囲気を変えてみたい時、一番手軽に低価格でできるのがアートを飾ること。しかし、いざ絵を飾ってみたいと思っても、オシャレに飾れないかもという不安は付き物ですよね。オシャレに見える飾り方でお隣さんと差をつけましょう。

テーマを決める

ダイニングは自然、リビングは華やか等というテーマを最初に設けることで、そのあとアートを選びやすくなります。またテーマカラーを決めてアートを選ぶことも非常に効果的です。

インテリアに合わせる

その部屋にあるインテリアと色合いを合わせてあげると部屋に統一感が生まれ、さらにお気に入りのインテリアを格段に引き立てる効果があります。

大きな絵を一枚飾る

ソファやベッドなど家具の後ろにできる広い空間に大きな絵を1枚飾ると印象的な部屋になります。家具の上に飾る場合は、アートの幅が家具の幅の75%以内だとよりオシャレな印象になります。

フォーカルポイントを作る

フォーカルポイントとは部屋に入った時に一番に目に入る場所のことを指します。センスの良い絵でフォーカルポイントを作ると、お客さんにセンスが良い部屋という印象を与えることができます。